FC2ブログ

2013-03

少しずつ写真整理 - 2013.03.05 Tue

昨日の定休日はちょっと仕事もしましたが、久しぶりにゆっくりと休めました。

観たかった映画もやっと観る事が出来、天気にも恵まれ良い休日でした。

そんな中、やっとコスタリカの写真も見直しが出来ました。


その中で画像でしか伝わらないものがあるのでご案内です


honey1.jpg

これはコーヒーチェリーの精製処理。


honey2.jpg

真ん中は非水洗式、果肉が付いたまま乾燥工程に入ってます。

左はフリーウオッシュド、水洗式です。これは非水洗式の反対です。果肉を完全に除去してから乾燥工程に入ります。

では右は・・・イエローハニー・・・果肉を完全に除去せずに果肉が少し付いた状態で乾燥工程に入った状態です。

honey3.jpg

では真ん中は・・・ブラックハニー・・・これも果肉を完全に除去せずに乾燥工程に入った状態ですが、このブラックは果肉をほとんど残した状態なので黒ずんでます。


では一番右・・・レッドハニー・・・ブラックよりももう少し果肉を削いで乾燥工程に入った状態です。


この様に果肉の残り具合でパーチメントの呼び名が変わります。

これがコスタリカの特徴でもあります。


ここには無いですがホワイトハニーなる言葉も現地で使われてました。


乾燥工程で価格が変わる事は今のところ無いですが、カッピングする際は農園名と精製方法は明記されます。

コスタリカの農家さんはこの精製方法を実験しているのか、非常に大事にしています。


今回感じたのは、ブラックとレッド等で味の違いを感じませんでしたが、最終的にカップが良ければ精製方法も評価されると思うので素晴らしい取り組みだなぁ・・・と感じました。

この様にコスタリカの農家や輸出業者は真剣にコーヒーに取り組んでいます。


コスタリカのコーヒーが世界で認められているのはこの様な努力が実を結んでいるからに違いありません。


コスタリカコーヒー、素晴らしいです


ランキングに参加してます。クリックしてねっ→にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アリーカフェ

Author:アリーカフェ
J.C.Q.A認定コーヒーインストラクター1級

北國新聞文化センター講師
JCRC2014第4位
JHDC2015第5位

平成元年よりコーヒー業界ひと筋!
2004年2月に

・安全、高品質を提案しよう!
・香り高いコーヒーでくつろぎのひと時を提供しよう!

・美味しい飲み方、淹れ方を伝えよう!
を理念として開業致しました。



お店はこちらをクリック!





日々精進して素晴らしいコーヒーをご提案致します。


宜しくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

素敵な珈琲豆 (550)
ご案内 (63)
イベントです! (161)
日々の出来事 (1139)
店内 (59)
抽出器具 (238)
素敵なお客さま (87)
よくいただくご質問 (15)
産地 (26)
アリーカフェ案内 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード